全身脱毛の仕組み

全身脱毛と聞くと、脱毛してしまえば永久に毛が生えてこないようなイメージがあります。
脱毛と聞くと、いわゆる永久脱毛といわれる脱毛をイメージするのではないでしょうか。
施術が終われば一生ムダ毛処理から開放されると考えると心が揺らぐ人も多いでしょう。
しかし、全ての脱毛で永久に毛が再生しないわけではありません。

永久脱毛とは毛根や毛乳頭を処理して毛を生えなくするような施術のことを言います。
毛根や毛乳頭には毛が成長するための血管や神経が集まっている場所です。
破壊することで新しく毛が生えることを防ぐことができるのです。
永久脱毛として認められているのは医療用のレーザーを使用した脱毛と針を差し込んで電力を流すニードル脱毛です。
この二つの施術は機器の威力も高いため医療行為として扱われ、病院などでしか受けることはできません。

では病院でおこなっている永久脱毛なら一生毛が生えてこないかというと、それもまた違います。
永久脱毛をして本当に一生毛が再生しなかったかどうかは確認が難しく、はっきりと生えてこなかったとはいえないのです。
そこで米国電気脱毛協会では脱毛が終了して一ヶ月後の時点での毛の再生率が20%以下であることを永久脱毛の定義としています。
永久脱毛は絶対ではありません。
しかし永久脱毛をあきらめないでください。
このページでは役に立つ永久脱毛に関する知識を紹介しています。
これを読めば自分にあった脱毛方法がわかります。



▽関連情報
部位脱毛と全身脱毛、自分にあった脱毛方法がわかるエステサロン情報サイトです → 全身脱毛 エステ

Copyright © 2014 全身脱毛すれば永久に生えてこない? All Rights Reserved.